makiのきまぐれブログ

Mr.Childrenが好き♡ back numberが好き♡ 他にもイロイロ♡♡

2014年10月の本

2014年10月の読書メーター
読んだ本の数:5冊
読んだページ数:1943ページ
ナイス数:110ナイス

f:id:maki_0004:20190410143934j:plain八朔の雪―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-1 時代小説文庫)の感想
お澪ちゃん、負けるな!がんばれ!!
「雲外蒼天」「旭日昇天」。。。不思議な縁に涙があふれる、切なくて、でも元気が出て、そしてお腹が減る物語(^^)
さて、次に進もう♪
読了日:10月30日 著者:高田郁
f:id:maki_0004:20190410143942j:plain砕かれた鍵 (百舌シリーズ) (集英社文庫)の感想
全く別々な事件だと思っていたのに。。。
倉木、美希、大杉がそれぞれに調べていく中で、共通するキーワードを読者の私が組み立てていく!?
とにかくひどく大変な役回りな美希だけど、昔でいう「ドリカム状態」な彼女が、ちょっとだけ羨ましかったりして^^;
読了日:10月24日 著者:逢坂剛
f:id:maki_0004:20190410143946j:plain幻の翼 (百舌シリーズ) (集英社文庫)の感想
倉木の不死身っぷりに再び感動!?(笑)
前回活躍(!)の倉木、美希、大杉のまわりがあわただしくて、ページを繰る手が止まらなかった。
古江は津城の手先かと想像してたけど(まぁ私の想像は当たったためしがない!)まさか!!だったとは!!!(@_@)
秋の夜長に久々に一気読みしてしまったハラハラドキドキの1冊v
読了日:10月16日 著者:逢坂剛
f:id:maki_0004:20190410143938j:plain百舌の叫ぶ夜 (百舌シリーズ) (集英社文庫)の感想
登場人物が複雑で、時系列まで行ったり来たり・・・でもあちこちに潜む伏線が明らかにされていく最終章では何度も最初の方のページを繰りました^^;
それにしても倉木さんの不死身っぷりには天晴ビックリ!同情できるようなでもやっぱり怖すぎるような・・・複雑な心境です。そしてシリーズ2作目も怖いものみたさで、読んでみよう!?
読了日:10月14日 著者:逢坂剛
f:id:maki_0004:20190410143930j:plainNのために (双葉文庫)の感想
2度読みしてもイマイチ消化不良*1
これは杉下希美が主人公で良いのよね??
まぁ、いろんな「Nのために」が存在してる、それもよくわかるけど。。。
他人に導かれた夫婦無理心中ってことでいいですか???(@_@)
読了日:10月8日 著者:湊かなえ

読書メーター

 

 

*1:+_+